恋愛占いは無料で決まり|様々な占いは安定のネット検索

カード

東洋思想の陰陽とは

陰陽イメージ

申年が作り出す陰陽

運勢についてよく利用されている物に干支があります。干支の干の字は一と十で現した字であり、一は少ないを現す陰と言われ、十は多いを現す陽と言われています。干支の動物は、陰陽の働きをイメージとして分かり易く表現した物であり、陰陽の組み合わせに合う動物が選ばれています。2016年の前年度は、未年になり、未年の陰陽は、汚い事を捨てる陰と、綺麗な価値ある事を残す陽に分かれています。2016年の申年は、その価値のある内容を人々に与える陽が盛んになる時代ですが、意義のある内容に対してお金を使う事が大切になります。干支で現す性格判断は、その年の陰陽が作り出すエネルギーを得て基本的な性格が形成されながら、赤ちゃんとして生まれてくると考えられています。申年と言うのは、目立つ事が好き、お金を使う事が好きな性格になり易いと言われているため注意が必要であり、自分のためにお金を使うより、人のために使う事によって2016年の運勢を高める事が可能と言えます。

申年は陽の強い時代

干支の動物は、それぞれ抑える陰と興奮させる陽を持ち合わせていますが、干支の動物によって、陰が強く現れる陽が強く現れると言う特徴があります。それは、交互に現れる特徴があり、例えば、子年は陽が強く、次の年の丑年は陰が強い傾向が現れます。2016年の申年は陽が強く現れる年になります。年が現す運勢と言うのは、川の流れに例える事が出来まして、船で川を渡る場合、流れが遅すぎれば遅い到着になり、速ければ速く到着できますが、速すぎる川は事故の原因にもなります。2016年の運勢を上げるためには、行動力を持って実行をして行く事が大切になりますが、しっかりと計画を立てて目的を持つ事がポイントです。行き先として目的の無い船と言うのは、どこに辿り着くか分からず、トラブルの原因にも繋がってしまうためです。